男子も更年期を感じる心の不安定な生活

ダディーも夫ホルモンが収まるのか、60代金で病気をしたり、事業が減ってやりくりが中ぶらりんになり、気持ちがさみしくなります。がむしゃらになるものが鎮まると、何か別のものを捜すのかとことん食べます。そうしてオジン太り。否、更にお爺さん太りでしょうか。

賭博は、とにかく意思がまぎれる。夢中になって、毎日テレビジョンや新聞紙で考えもできるから飽きないものです。そうして取り敢えず、TVはユーモアといったドラマ三昧。

ファミリーといった会話も、減りました。こうした状勢に、ご苦労とうつな気分になるのも当然のみたいなきもします。

人物そういった生活に慣れて現れるのか、徐々にワンパターンも叶いだして、昼間の暇が空けば特に賭博の相場にのめり込みます。夜はランチタイムにドラマ、昼間の収録もとことん用意して、不眠症の間絶えずドラマかユーモアで気持ちをはずませます。

何となくダディーも更年期があるとわかり、不眠症、ご苦労、決断無し、自分に引っかかる物ばっかり。若さは、ういういしいだけで財産物なのかとむかしを懐かしみます。

ただし徐々に時間がたつと、ワンパターンにはりが出てきます。既に閉められません、死ぬまでは。意外とこんなやりくりも、はりをもちまして過ごしている自分に勘づく今日この頃だ。

老後の第二の人生を、更年期と共に生きていくのも、慣れでしょうか。www.radiusmobilemedia.com